banner

電車を組み合わせたサイクリング

サイクリングをするとき、最初から最後まで自転車で走破をするというのもまた、達成感があるかもしれません。
しかしその場合、長距離の移動をするのにはかなりしんどいものとなりますし、休みも多く必要となります。
特に、ヨーロッパをサイクリングで旅行する場合には、電車を効果的に使うといいでしょう。
日本の場合、電車内に自転車を持ち込む際には、輪行袋に入れなければなりません。
そのままでは袋に入らない場合、ばらして袋に入れなければならないのです。
しかしヨーロッパの鉄道の場合、そのまま自転車を持ち込んでも構いません。
電車によっては、自転車専用車両というものもあります。
車両の外側に自転車のマークがあり、そこには自転車を立てかけられるスペースがあります。
立てかけておけば、移動のときにも邪魔になりません。
ヨーロッパの駅は、比較的フラットな構造が多いので、自転車の移動も楽です。
国によっては、自転車の持込に料金が必要な場合もあります。

注目サイト

沖縄 脱毛サロン

Copyright © 楽しくサイクリング All Rights Reserved.